So-net無料ブログ作成
検索選択

個性をつけたいあなたへ。

 

ホームページブログ更新しました!

下記アドレスをクリックして下さいね。

↓↓↓

http://kanbarasatomi.com

神原智己のコミュニケーション講座

 

神原智己です。

ごきげん、いかがですか?^_^

前回は、「ひとクセ=個性的」な人とのコミュニケーションについて、その面白さやアドバイスを、

私の経験談を交えて、お伝えしました。

今回は、その真逆。

「ひとクセ、個性をつけたいなぁ」という、真摯な思いにお応えできれば、と思い、書く事にしました。^_^

 

〜〜〜

私は、声優・俳優を目指す若い方々に、夢を叶えてもらうべく、専門学校で指導させていただいています。

ぶち当たる壁は、皆同じ。

「自分だけの個性が欲しい」

このお悩みは、芸の道だけではなく、

一般企業への「就活」中の学生さんも、同じのようです。

 

〜〜〜

はじめにお伝えしたいのは…

個性がなくて、普通です。^_^

もっといえば、普段授業で接している私には、

生徒さん一人一人の個性は、伝わりますが、

その場限りでしか会わない、面接官にとって

微妙な個性は、わからないでしょう。

 

20年そこそこの人生。

振り返ってみて下さい。

ある程度定められた教育方針の、小、中、高…学校に、通い続ける日々。

取り立てて大問題もなく成長できた…

就活生の大半が、同じように、そのような

有難い人生を送ってこられたのではないでしょうか。

 

だから、面接で「個性がない」と言われ、驚き、

嘆き悲しむ必要はありません。

当然の事だと、自分を受け入れて頂きたいのです。

 

むしろ、一瞬にして「この子、全然、他の子と違う!」面接官に思わせるほど、

劇的に不遇な人生ではなかった事に感謝すべきですよ。^_^

 

〜〜〜

では、面接官が言っている「個性」とは、なんぞや?

あなたが、面接官になった気持ちで考えてみましょう。朝から、夕方まで、

ずーっと、同じような紺色のリクルートスーツに身を包んだ学生さんと向き合い続けるのが、

面接官の仕事です。

 

退屈だなぁ。 飽きちゃったなぁ。

 

本音は、コレです。

採用試験のプロでいらっしゃるので、そのような素振りは、見せません。

しかし、

彼らは、ハッとするような刺激を、本能的に求めているのです。

 

〜〜〜

個性→刺激→心を動かす言動

つまり、学生の皆さんは、「刺激的なアピール」を

魅力的に行えると、面接官は、喜びます。

合格につながりやすいのです。

 

〜〜〜

私が放送局を受けていた時代…。

「 自分は、右でもなく、左でもなく、中央大学です!」

左右、中央に、両手を大きく振りながら、自己紹介をして、東京キー局のアナウンサーに受かった、

という伝説を作った男性アナウンサーがいらっしゃいました。

この自己アピールを、たったそれだけの事?

あなたは、思うでしょうか。

この一言は、「刺激的なアピール」であるのは、

もちろんの事、

偏りのない、事実に忠実な取材をし、視聴者に伝える!という、

本人の意志まで込められています。

マスコミに携わる者の、真髄ともいえる信条まで表している…振る手の勢いが、

強ければ強いほど、

想いも伝わる…放送局側に「使える人材」と感じさせているから合格するのです。^_^

〜〜〜

まとめますね。

面接で(特に新卒、フレッシャーズ)通るには、

自己紹介が、

・①、刺激的なアピールである事。

・②、①の内容が、その会社で、とても役に立つ要素である事。

 

この2つが、うまく絡み合い、表現されていれば、

結果は、自ずとついてきます。

 

〜〜〜

私の場合、

やはり、普通に個性がないので、笑、

作りました。

まったく海外旅行をした事がない中、

「オーストラリア&ニュージーランド、一カ月!

バックパッカー放浪の旅」を敢行したのです。

人生、初海外旅行で、宿無し、友なし、言葉なし(英語は、日常会話レベル以下)で一カ月!は、

まさに、サバイバルゲーム。

面接で?①「刺激的なアピール」どころ満載です。

その話を、

②マスコミ業界で生き抜く為に必要な「根性」「感動」「柔軟性」「積極性」「好奇心」に紐付け、放送局に役立つ人間である事を

わかってもらう。

こんな作戦で臨みました。

結果は、10局以上、落ち続けた後、ようやく札幌テレビ放送にアナウンサーとして、採用していただく事になったわけです。

〜〜〜

個性がない、のは当たり前。

無理矢理にでも、?刺激的なアピールをひねり出し、作り出し、形に仕上げ、相手の会社にとって

手を伸ばしたくなる商品を差し出す。

その晴れの舞台が、「面接」です。

 

「自分には、何もない…」下を向いて泣いている暇などありません。

外に出かけて、いろんな物に触れ、感じてみましょう。

少しでも「いいな」、心惹かれるものがあったら、

とことん追求してマニアになってみて下さい。

例えば、美術館に行って、ゴッホの「ひまわり」の絵がいいな、と思ったとしましょう。

そこで、ひまわりという絵が出来るまで…

ゴッホの人生とは?

徹底的に調べてみる。

ゴッホに、関してなら誰にも負けない知識を持つ。

その中から、受かりたい会社が必要とする

キーワードが出てくるはずです。

それを、知識と紐付けてアピールしてみましょう。

あなたの事を「個性がない」という面接官は、

1人もいないはずです。

 

〜〜〜

もう一度言います。

「面接で戦える個性。

自分で、短期間でも作れます。」

恐れる事はありません。

楽しい作業です。

健闘を祈ります。

 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0