So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

「わざわざ」って、どんな風に使っていますか?

 

 ホームページブログ更新しました!

↓↓↓

http://kanbarasatomi.com

神原智己のコミュニケーション講座

 

こんにちは。神原智己です。

毎日、暑くて、何をするにも疲れやすく、大変ですよね。

だからでしょうね。この時期、よく聞きます。

「わざわざ、すみません」 「わざわざ、ありがとうございます」

あなたは特に気にすることなく、使っていますか?

それとも違和感を覚えますか?

~~~~~~~~

 

「わざわざ(態態)」 

あらためて、どんな意味なのか、調べてみました。

 ↓↓↓

続きは

 http://kanbarasatomi.com 

 をクリックしてくださいね。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「可愛がってもらう」は、もう古い?

  ホームページブログ、更新しました!
全文は、こちらをクリックして下さいね。↓↓↓
神原智己のコミュニケーション講座
                      

こんにちは!神原智己です。^^

毎日暑い東京ですが、あなたのところはいかがでしょうか。

上司、目上の人から、「暑気払いだ、飲みに行くぞ―!」

必ずと言っていいほど、声をかけられる人って、いますよね。

こういう人は

「あいつ、(あの人)可愛がられているよねー」

と表現されることがあります。

そして、上司や目上の人から「可愛がられる事」を目指す人も多いです。

一方、上司や目上の方々は、「あいつを(あの子を)可愛がっている」と

なんのためらいもなく、言う人がたくさんいます。

さて。

 

あなたは、「可愛がられたい」ですか?^^

 

  ↓↓↓

 続きは、ホームページアドレスをクリックしてくださいね。^^

              ↓↓↓

 http://kanbarasatomi.com

 神原智己のコミュニケーション講座


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他者があって自分がある /宇宙飛行士 毛利衛

 

  こんにちは。神原智己です。^_^

空、星々に思いを馳せる七夕ですね。

宇宙飛行士  毛利衛さんの言霊です。

↓↓↓

「他者があって自分があるという、

 その深みに惹かれたのです。…」

 

 全文は、ホームページブログで、ぜひ

読んで下さいね。

↓↓↓

 http://kanbarasatomi.com

 神原智己のコミュニケーション講座

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「顔」で聴く。「顔」で喋る。

こんにちは。神原 智己です。^^

「耳で聞く、口で喋る」は、日常的に行っているコミュニケーションです。

今回は、「顔で聴く、顔で喋る」に、迫ります。^_^ 

 

〜〜〜 

相手の話を聴く時、あなたは何に意識を集中させますか?

話の内容ではないでしょうか?

では、その時の、ご自身の「顔」、どんな表情か、考えてみていただけますか?

・・・と言われても。

自分の表情、映像が思い浮かぶ方は、ほとんどいないと思います。

そして、ホームビデオなど、偶然写っていた自分の表情に、「愕然」とした経験をお持ちではないでしょうか。

 

続きは、ぜひ、HPブログで、読んで下さいね!

↓↓↓

http://kanbarasatomi.com

 神原智己のコミュニケーション講座

 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思った以上に微妙です。「嬉しい」と「楽しい」。

HPブログ: http://kanbarasatomi.com
神原智己のコミュニケーション講座

こんにちは。神原智己です。^_^ 

 あなたは、相手の 喜怒哀楽を、

どれだけ正確に感じ取っているでしょうか。

そして それを言葉にして、

会話しているでしょうか。

あなたの表現した「感情をあらわす言葉」が、 

相手にピタリとくるものであれば、 

相手との人間関係が、とても良い状態になっていきます。 

〜〜〜 

最近、面白い事がありました。

 以前、このブログで書いたように、(過去のブログ一覧から、4月25日付け)私の日課の一つは、、、

夜、眠りにつく前、隣の息子に『 今日、1番嬉しかった事は何?』と聞いて、ポジティブな気持ちにさせてから、寝かせる、という事なんですね。

息子小3も、なかなかお気に入りのようで、 

続けています。 

そんな中、

「今日、1番楽しかった事はなに? 」と聞いた私に

息子は、すかさず指摘しました。 

「嬉しかった事なんじゃないの?」 と。

 

〜〜〜 

まぁ、うっかり、「嬉しい」を「楽しい」という言葉に置き換えてしまった私です。

この息子の指摘を聞いて、 

嬉しい、楽しいの違い、そこまでこだわる?

そう、あなたは、思いますか? 

〜〜〜 

以下、息子のこだわりです。 

その日、理科の時間。 

クラスで育てていた「蚕の幼虫」を観察しました。

一人につき、一匹割り当てられ、

世話をしていた、自分の蚕を見たところ…… 

なんと、白い繭を作っていたそうです。 

とても綺麗な繭で、幼虫が育てたとは、 

思えないほどだったとか。 

今まで大切に育ててきた幼虫が、 

そんなに凄いものを作るまで成長してくれた… 

だから 

『 とっても、嬉しかったんだよ!』

たどたどしい、息子の説明をわかりやすく 

整理すると、どうやら、こういう事のようです。^^;

 

〜〜〜 

「嬉しい」も「楽しい」も、 ポジティブで、好ましい感情と、

ひとくくりにしてしまう事は、

よくある事です。

しかし、 

話のストーリー、流れを詳しく聞いてみると、

「嬉しい」と、「楽しい」は、明らかに違う! 

という事に出くわす事があります。 

 

〜〜〜 

 

例えば、 

お子さんが成人式をむかえ、感無量の時は、

 やはり、「嬉しい」ですよね。

 

一方、友人の結婚式に出席する時は 

「嬉しい」「楽しい」 混在しているのではないでしょうか。

 

〜〜〜 

このように、相手の感情を代弁する時は、 

どのようなシチュエーションなのか、 

その相手の話の背景に、どのようなストーリーが 

あるのか、よくよく聞かないと、 

「あれ?その感情と、ちょっと違うんだけどなぁ。」という事、 

実は、あるあるなんですね。 

 

〜〜〜 

 

相手の感情を、代弁する時に、気をつけて

推測してみる事が大切です。

そして、その言葉が、もし、 

相手にとって、どんぴしゃりな感情だったら…… 

相手は、あなたを、より深く信頼してくれるように 

なります。 

会話する時、ぜひ、意識して見てください。 

 私のコミュニケーション講座では、そのやり方を

人間関係を築く会話の極意の一つとして、

受講者の皆さんと共有しています。 

感情って、微妙なものです。 

それを念頭に会話するだけでも、 

相手との人間関係を、よりよく築くことが 

可能になりますよ。^_^ 

 

  


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -